銀行でお金を借りる時の金利

「お金を借りたい」と思ったときに、あなたがまず気になるのはどういった点でしょうか。
"即日融資"、"低金利"、"高額融資"、"無担保"、"保証人なし"など、考慮したい点はたくさんありますが、まず条件として気になるのが、"低金利"かと思います。
なぜなら、同じ金額を同じ期間借り入れをしたとして、この金利の差で、返済時の負担が大きく違ってくるからです。

「ちょっと金利が高いけど、今すぐにお金を借りたいから、"低金利"よりも"即日融資"を取る!」というような、 明確な希望がある場合は別ですが、同じ金額、同じ期間といったように条件が同じであれば、少しでも"低金利"でお金を借りるほうが、絶対に良いに決まっています。

では、"低金利"に重点を置いた場合にお勧めのお金を借りる方法は、どういったののがあるでしょうか。
それはズバリ、「銀行からお金を借りる」です。

銀行でお金を借りると言えば、その最大の特徴ともいえる銀行キャッシング金利の低さです。
ただ、だれしもが必ず、銀行からお金を借りれるというわけではありません。 ある意味、"低金利"という好条件での借り入れですから、利用できる方はある程度限定されてきます。
ここでは、銀行キャッシング金利に関する情報をお知らせします。



銀行でお金を借りると良い方

高額借り入れを予定している方、長期借り入れを予定している方

数万円程度の少額キャッシングであれば、審査が甘く、即日融資が可能な消費者金融でお金を借りるのも手かと思いますが、 高額借り入れをする場合や、長期借り入れを検討されている方は、たった数パーセントの金利の差が返済の際には、大きな負担となって襲いかかってきます。
あらかじめ、高額融資、長期借入の予定がある場合には、ぜひ、銀行キャッシング金利の利点を生かして、低金利でお金を借りてください。

初めてお金を借りる方

初めてお金を借りる場合などは、ぜひ、銀行でお金を借りる方法をご検討いただきたいと思います。
というのも、銀行でお金を借りる際の特徴でもある審査の厳しさには、「他社借入件数」も大きく関わってきます。
どんなに安定した収入があっても、勤務年数が長くても、あちこちのキャッシング会社から何件もお金の借り入れをしていて「他社借入件数」が4件も5件もあると、 なかなか審査には通りません。逆に、「他社借入件数」が0~1件など、借り入れの少ない方は、お金を借りやすいと言われています。

なかには、初めてお金を借りる方を対象とした"一定期間無利息キャンペーン"などを行っている会社などもありますので、ぜひこれらの"初めて特典"をご利用ください。

契約申し込みからお金のご利用までに、時間的な余裕がある方

銀行でお金を借りる場合には、審査に時間がかかると言われています。
じっくりと時間をかけて審査をされても待っていられる時間的に余裕のある方は、一度、挑戦してみるのも良いかと思います。

"低金利"というせっかくの好条件ですから、ますは銀行でお金を借りることを検討されてみると良いかと思います。




銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ