リボルビング残高を理解しよう

クレジットカードを作ったことのある人なら、リボルビング残高という項目を目にしたことがあると思います。
正確には、リボルビング利用払い残高と言います。
これは、カードのリボルビング払いというシステムのことで、支払い残高に応じて月々決まった金額をクレジットカード会社に支払って行く方法です。
これによって、買い物をたくさんした月も、逆にほとんどしなかった月も関係なく、毎月一定額を支払うことになります。
通常の分割払いとは異なり、残高が残っている限り支払いが続くため、「これは何を買った分の支払いだろう?」
と分かりにくくなるので、その点は注意が必要です。
しかし、毎月支払う額が決められているため、家計の管理や支払い額の把握はやりやすくなります。
さらに、手数料の面でもメリットがあります。
リボルビング払いの場合、支払い残高に対して金利がかかり、毎月支払いに加算されます。
この金利は、クレジットカード会社によって異なるので、よく確認する必要があります。
普通の分割払いと何が違うかと言うと、分割払いの場合は支払う回数によって手数料が異なってきます。
もしも複数回分割で支払う場合は手数料が高くなり、リボルビング払いの金利の方が安くつく場合もあります。
つまり、分割で支払う回数が多くなればなるほど、リボルビング払いの方がお得になるのです。
もしも何か高価な商品をカードで買おうとする時は、リボルビング払いも視野に入れて考えてみましょう。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ