お金を借りるキャッシング豆知識5




審査が有利になるポジティブ情報

ポジティブとは、「明るい」「積極的」「肯定的」など良いイメージの意味があります。 その上で、キャッシングにおけるポジティブ情報とは、クリーンなキャッシング履歴の事を指します。 キャッシングの利用履歴は個人信用情報機関にて全て管理されています。 例えばキャッシングの申し込み履歴、審査の結果、借入件数、借入総額、借り入れ状況、返済状況などがあり、キャッシング利用に応じて内容が自動登録・更新されていきます。 記録は半年分が残り、利用を続ければ半年前の情報から削除されていくシステムです。 さて、ここに登録されている情報に返済の延滞記録などがなく、正常な返済をしていくに限り「ポジティブ情報」として評価されるようになっています。 また、これに対して返済の滞納履歴があると、それが債務者の過失として「ネガティブ情報」として登録されてしまうので注意しなくてはなりません。 では、そもそもポジティブ情報が何に影響するのかですが、キャッシングを契約する際には必ず審査を受けなくてはいけませんよね。 この審査は返済能力に問題ない人に融資するという目的で行いますが、審査では融資の判断基準に個人信用情報機関に登録されている情報を参考にしています。 なので個人信用情報機関に登録されている内容が重要になり、ポジティブであるほど審査に通過しやすくなるのです。 逆にネガティブ情報があると審査に通過しにくくなってしまうのでキャッシングは正しく利用しましょう。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ