最低支払い額だけ払うミニマムペイメント

クレジットカードの用語ですが、ミニマムペイメント、というものがあります。
キャッシングやリボルビング払いをした事がある方ならばお耳にされた事がある言葉だと思います。
これは、例えば、こういうことです。
高い品物を購入した時に一度に返済するのは大変なので、分割払いで支払うようにします。
しかし、毎月決まった金額を払うのではなくて、最低これだけの金額さえ払っておいてくれたらいい、という最低の金額分だけ、を支払う、ということです。
いわば、毎月最小返済義務の額だけを支払う、というものです。
言い方を変えれば、「ある時払いでいいけれど、とりあえずこれだけは毎月払って下さい」という金額なワケです。
資金繰りの厳しい時には、最小支払い金額のみを支払っていればよいのですが、これですと、月々に支払う金額が少なくて済む分、長い間支払いにかかるという問題があります。
そして長い間支払うということは、それだけ利息がかかるわけです。
また問題点として、ミニマムペイメント方式で支払いをしていると、雪だるま式に返済額が増えていってしまうので、毎月、一体今、いつの何の分の最低支払い金額の分を支払いをしているのか、わかりづらくなってしまうわけです。
一方でクレジットカード会社側としては、このような方法を希望するカードメンバーから利息を頂戴して、その利息がクレジットカード会社の収益となっているわけです。
便利な支払い方法でありながら、しっかり管理しておかないと、支払いが長引いて、いつまでも支払いが終わらない、という、恐ろしい面もありますので、ご利用については計画を立ててからにしましょう。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ