固定金利ってお得なの?

お金を借りると、貸してもらったことに対する報酬を支払わねばなりません。 この報酬がいわゆる利息にあたります。 無利息でいくらでも借りていいなどと、ボランティアで貸してくれる業者はいないのです。
利息がいくらになるかの基準となるのが、金利です。 金利には大きく固定と変動がありますが、固定金利というのはお金を借りている間、ずっと適用される金利が変わらないタイプをいいます。
メリットとしては、借りた時に利率が確定するため、返済計画が立てやすいことや、急な金利上昇があっても慌てずに済むことがあります。 安定しているので固定金利がお得かというと、必ずしもそうとはいえません。
消費者金融などの貸金業者で借りる際の金利は、利息制限法という法律に基づく上限金利の範囲内で決定されます。 一般的には固定金利を採用しているところが多いのですが、利率の設定やどのように適用するかは少しずつ違います。
誰が借りても同一の金利を適用するところ、利用額に応じて金利の設定を変えるところ、収入が高いなど返済リスクの小さい人には低い金利を適用するところなど様々です。
そのため、他よりも低い金利で借りることができ、かつ、金利上昇局面にさしかかればお得といえることもあるかもしれません。 特に金利上昇局面では変動金利の場合は毎月の返済額が大きくなって返しにくくなったり、利息の総返済額が多くなることもあります。 その点、ずっと変わらない固定は安心できる金利といえるでしょう。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ