お金を借りるキャッシング豆知識2




審査が厳しくなるネガティブリスト

キャッシングを契約する際に、事前に審査を受けなくてはなりません。 この審査にて、消費者の返済能力を確認し、問題ないと判断される場合に限り融資OKとなります。 さて、返済能力の確認のために何を情報とするのかですが、個人信用情報機関という消費者のキャッシング利用履歴が登録されている情報機関に登録されている内容が判断基準の目安になります。 この情報を元にキャッシング会社は審査を行います。 ただし、ここに登録されている情報がネガティブリストに入っていると審査が厳しくなってしまうでしょう。 ネガティブリストとは、ネガティブ情報、ブラックリスト、ブラック情報などとも呼ばれますが、ブラックリストのほうが聞きなれた言葉かもしれません。 要するに、キャッシングにおいて債務者の過失がネガティブ情報として登録されているのです。 例えば返済の滞納や延滞、多重申し込みなどがあり、こういった借り入れの過失は返済能力が疑われてしまう要素になるため、審査が厳しくなってしまう傾向にあります。 また、厳しいだけではなく、ネガティブ情報によっては審査をしてもらうことができない事も多々あります。 ネガティブ情報の回避方法は正しく借り入れをしていくに限るのですが、登録されてしまった情報に関しては半年~数年で抹消されるので、一生涯残るものではありません。 仮に今は審査が厳しくても、時が来れば情報はクリーンとなり審査に影響することはなくなります。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ