与信とは信用力のことです

カードローンやクレジットカードを作るとき「与信」という言葉を聞くことがあると思います。
融資や信用取引の取引枠を供与すること、つまり信用を与えるという意味で、信用力を信じて貸出し枠やショッピング枠を与えることになるのです。
与信とは取引相手に対していくらの金銭的な信用を供与できるかと言うことになり、カードローンであれクレジットカードであれ金融機関は返済されるまで、そのリスクを負担しなくてはなりません。
その取引相手に対してどれだけの負担が出来るかを判断するのが審査です。
カードローンやクレジットカードを作るときに、申込書と一緒に、自分の年齢や勤務先、勤続年数、年収などを記入して審査をしてもらいます。
その審査によって融資枠やクレジットの取引枠が決定され金利が決定します。
信用力があると判断されたら融資枠や取引枠が大きくなり、そして金利も安くなるのです。
一般的に銀行は年収を、消費者金融は勤続年数を重視するといわれていますが、金融機関個別で重視する点は異なり、何を重視するかは秘密にされています。
この与信は当初過小に評価されていても心配することはありません。
取引することによって信用力が増して行き、融資枠や金利を安くしてもらえることが往々にしてあるからで、クレジットカードにおいては履歴を積むことによって、レギュラーカードからゴールドカード、といったステップを踏むことになります。
カードローンも同じで、間違いなく決められた条件で返済していればそのチャンスは必ず来ます。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ