お金を借りるキャッシング豆知識1




不良債権の定義とは

カードローンなど金融機関の融資に関して、金融機関が一番心配することは貸したお金が返済されるかどうかと言うことでは無いでしょうか。 その為に、金融機関の厳格な審査があって、融資決定するかどうかを判断するのです。 カードローンの審査は、一般の融資よりは属性などの外形的審査が主流で簡単だと言われていますが、借りたお金を返さないで不良債権とした債務者は一定期間カードローンを申し込んでも必ず否決されます。 不良債権を一言で言うと、「回収不能な元本と利息または延滞した貸金などの債権」となっています。 金融庁ではその分類を、破綻先債権、延滞債権、3カ月以上延滞債権、貸出条件緩和債権を不良債権と定義しています。 貸出条件緩和債権とは、いわゆる一般的に言われているリスケジュール、つまり当初に決められた条件通りに返済できないため、金利が軽減されたり元本の返済を猶予してもらったりしている債権のことで、例えば住宅ローンを借りていて、融資決定の貸し出し条件を守れずに、返済金額を安くしてもらった、などで、金融機関にとってはリスクのある債権といえるでしょう。 経済情勢の変化、会社を解雇されたなど、自身を取り巻く環境によって返済できなくなることがありますが、金融機関にとっては貸し出した資金が回収できなくなることによって大きな損害を受けることになり、その比率が高くなれば今度はその金融機関が経営的に危なくなるのです。 融資を受ける際は、ある程度返済に余裕を持って、リスクを十二分に理解した上でお金を借りることが大切です。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ