手間を省き簡単に収入証明不要でお金借りる

お金を借りるにあたっては、返済能力の有無を確かめるための審査があります。 主として年収や勤務先、職業、勤続年数、雇用形態などを確認して、長期間にわたる返済に必要な継続的で安定した収入があるか否かが確かめられることになります。
審査にあたっては実際に働いているかを確認するため、勤務先への在籍確認が取られるのが通常です。 そして、本来、厳格に審査をするにあたっては、年収がいくらあるかを確認するため、収入証明書類の提出も求められることになるでしょう。
収入証明書類というのは会社やお店などに雇用されている人であれば、前年度の源泉徴収票となります。 紛失等でない場合には直近3ヶ月程度の給与明細書でも認められる場合もあるかもしれません。
また、自営業者の場合は前年度の確定申告書または役所で発行される納税証明書が必要となります。 こういった書類はお金を借りることがあるかも等、何か意識をしていないと捨ててしまったり、どこに保管したか分からないというケースもあるでしょう。
審査を受けるために、手数料を払って納税証明書を取得するのも面倒かもしれません。 直ぐにお金借りる必要がある場合、提出する書類はなるべく少ない方が手間やコストがかからず望ましいと思うことでしょう。
そのため、貸付業者では、借入金額が少額など一定のケースで収入証明不要としています。 銀行のカードローンでは100万円未満、消費者金融などの貸金業者では1社で50万円未満、他社との借入れを合わせて100万円未満とするところが多いでしょう。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ