お金を借りる学生はカードローン

お金を借りる学生は、カードローンを利用するといいでしょう。
学生専用の商品もありますが、一般的に未成年では借りることはできません。
ローンの利用は20歳からという決まりがあるため、アルバイトをしていて収入があっても、19歳では借りることはできないわけです。
クレジットカードの場合は家族会員になることで加入できることが多いですが、それよりもローンのほうが審査は厳しいのです。
学生がお金を借りるためにカードローンを利用する場合、次の条件をクリアする必要があります。
「20歳以上である」「ローン利用に値する収入がある」「総量規制の範囲内である」などです。
家族を保証人にすれば、19歳で借りられるカードローンはあります。
しかし、こうした商品はごく一部なので、借り入れは20歳以上からと考えておいたほうがいいでしょう。
ローンを返済できるだけの稼ぎがあることも必須です。
「学業に専念しており、アルバイトしていないので収入は1円もありません」という状態であれば、お金を貸してくれるはずがありません。
金融機関はボランティアではないのです。
消費者金融に適用となる総量規制については、ぜひ知っておきましょう。
これは「年収の3分の1まで融資を受けられます」という法律です。
つまり、年収の3分の1よりも多く借りようとしても審査で却下されるわけです。
自分のアルバイト収入を年額で計算してみて、3分の1以内に抑えるようにして希望額を決めてください。


銀行でお金を借りる



即日融資でお金を借りる


このページの先頭へ